トップページ > 飲食店向け補助金

飲食店向け補助金

助金とは

補助金の活用方法

飲食店における厨房機器導入時に補助金を活用することは多くの利点があります。

まず、厨房機器の導入には高額な初期投資が必要ですが、補助金を利用することで
この初期費用を軽減でき、資金繰りが楽になります。

自己資金や借入金だけで賄う場合、返済義務や利息負担が重荷となりますが、補助
金なら返済義務がないため安心です。

中古の厨房機器を導入する際にも補助金を活用できることがあります。

中古機器の導入は新品よりもコストを抑え、補助金を併用することでさらに初期投
資を削減できるため、経営の負担を大幅に軽減できます。

補助金と融資の違い

補助金
  • 返済不要:飲食店が受け取る補助金は返済する必要がありません。
  • 補助金は通常、特定の目的に限定されます。
    例えば、新型コロナウイルスの影響で売上が減少した場合の経済支援、新規メニュー開発、店舗の改装や設備投資、環境対策などが対象となることがあります。
  • 補助金の申請は公募であり、詳細な計画書や申請書の提出が求められます。
  • 審査を経て採択される必要があります。
  • 補助金には申請期間が設定されており、予算が限られているため、早めに申請することが重要です。
融資
  • 返済あり:飲食店が受ける融資は、元本と利息を返済する義務があります。
  • 融資金の使途は比較的自由です。
    店舗の開業資金、運転資金、設備投資、在庫購入、人件費など、さまざまな用途に使うことができます。
  • 融資を受けるためには、信用審査が必要です。
    店舗の収益状況や経営者の信用状況が審査され、場合によっては担保や保証人が求められることもあります。
  • 融資には利息がつきます。
    利率は借入条件や金融機関によって異なりますが、補助金にはないコストとなります。

助金の種類

飲食店が活用できる主な補助金の概要、
補助率、活用例をご紹介します。

01小規模事業者持続化補助金

小規模事業者等が取り組む販路開拓、商品開発、業務効率化等の取組の経費の一部を補助する。

補助率
3分の2
活用例
  1. テイクアウト事業開始のためレジ横にショーケース導入
  2. ソフトクリーム機を導入して夏商戦向けの商品開発
  3. そば打ちの業務効率化のため製麺機の導入
02IT導入補助金

IT導入補助金は、労働生産性の向上を目的として、業務効率化やDX等に向けた ITツールの導入を支援する。

補助率
通常枠1/2以内
インボイス枠は1/2~4/5
活用例
  1. インボイス対応のPOSレジの導入
  2. 人件費削減のためにキャッシュレス券売機の導入
03ものづくり補助金

生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資を支援する。

補助率
1/2~3/4(従業員数による)
活用例
  1. テイクアウト商品の開発事業を開始し最新型製麺機の導入
  2. インターネット通販を開始するため特殊冷凍機の導入

助金の公募締切

01小規模事業者
持続化補助金

17回公募:未定

02IT導入補助金

通常枠
4次公募:6月19日(水)
5次公募:7月19日(金)
インボイス枠(インボイス対応類型)
7次公募:6月19日(水)
8次公募:7月3日(水) 
9次公募:7月19日(金)
10次公募:8月2日(金)
11次公募:8月23日(金)
インボイス枠(電子取引類型)
4次公募:6月19日(水)
5次公募:7月19日(金)
6次公募:8月23日(金)
複数社連携IT導入枠
2次公募:6月19日(水) 
3次公募:8月23日(金)

03ものづくり補
助金

19次公募:未定

類作成

事業計画書の無料サポート

飲食店の開業や運営には、しっかりとした事業計画書が必要不可欠です。
しかし、初めての方や忙しい方にとって、その作成は大きな負担となります。
そこで私たちは、無料で事業計画書の作成をサポートしています。
私たちのサポートを受けた多くの飲食店オーナーが、銀行融資や各種補助金の交付を成功させています。
これまでの実績とノウハウを活かし、補助金の採択されるように支援します。

サポートの流れ

STEP01
お問い合わせ
まずは、お問い合わせフォームまたはお電話でご連絡ください。
お客様のご状況やご希望について簡単にお聞かせください。
店舗でもご相談を受け付けております。 お問い合わせはこちら
STEP02
初回相談
弊社スタッフがお客様と直接お話しし、事業計画の概要や目標、現在の状況などを詳しくヒアリングします。
対面またはオンラインでの相談が可能です。
ご都合に合わせて柔軟に対応いたします。
必要に応じて、事前に必要書類や情報をご案内いたします。
STEP03
計画書作成サポート
ヒアリング内容をもとに、具体的な事業計画書の作成に取り掛かりましょう。
記載頂いた計画書の初期投資額、運転資金、売上予測などの数値など記載内容に問題ないかチェックします。
フィードバックを基に何度も修正を繰り返し、最適な計画書を完成させます。
お問い合わせはこちら